サボン・ド・マルセイユが本物であることを確認するにはどうすればよいですか?

マルセイユソープフレンチ

サボン ド マルセイユ:

バゲットと同じくらいフランス的であり、エッフェル塔と同じくらい象徴的です。

しかし、その製造のための「公式の伝統的」レシピをめぐっては論争があった。

安価な中国産石けんやトルコ産石けんが市場に氾濫する中、製造業者は消費者が本物と安価な輸入品の違いが分かるようにマルセイユ石けんに「地理的表示」(GI)を与えてほしいと考えている。

しかし、「真のマルセイユ石鹸」の作り方をめぐる論争で、生産者同士が激しく対立している。

ある陣営には、サボン・ド・マルセイユメーカー協会(AFSM)を結成した化粧品大手オクシタンを筆頭に、フランス南東部各地から集まった十数人の石鹸メーカーが参加している。

10月にこの石鹸をGI(すでに多くのフランスのワインやチーズを保護している指定)として認めさせるために入札を行ったのは彼らだった。

もう一方のコーナーには、製品を職人のルーツに戻そうとしているマルセイユ地域の熟練した石鹸職人である 4 人の筋金入りの伝統主義者がいます。

彼らは植物油とソーダ灰をベースにした「伝統的なサボン・ド・マルセイユ」の基準を求めている一方で、特定の添加物や香料の許可も求めている。

しかし、他の場所で生産された既製の材料に頼らずに、大きな釜で一から石鹸を作る伝統主義者にとって、これは異端です。

マルセイユ石鹸はもともと海水、オリーブオイル、ソーダ灰から作られていましたが、数十年にわたってオリーブオイルがパーム油やコプラ油に取って代わられてきました。

マルセイユのみで作られたもの:

しかし、彼らのロビー団体であるUPSMは、真のサボン・ド・マルセイユは、マルセイユ近郊のブーシュ・デュ・ローヌ地域の職人によってのみ生産できると主張している。

フランス政府が決定に時間を費やしているのは、マルセイユ石鹸がIGの地位を与えられる初めての製造品目となるためであり、これまで食品用として認められていたものである。

これが、バスクベレー帽、リモージュ磁器、ラギオールのナイフなど、他のフランスの地域産品が同じ分類を受けるきっかけとなることを期待している。

Petite France の製品について心配する必要はありません。なぜなら、当社はサプライヤーを調達し、フランスで出会ったからです。当社の製品はすべて、伝統的な方法で 100% フランスで製造されていることを保証できます。


1コメント

  • Very good to hear that I have just purchased an authentic soap. I think it’s so important to keep traditional ways going in a world that needs to slow down and start caring .
    Xx

    Dianne

コメントを残す

コメントは公開される前に承認される必要があることに注意してください