1世紀を超える歴史を持つサボン・ド・マルセイユ

オリーブオイル石鹸 マルセイユ オーガニックフレンチソープ

マルセイユ、フランス(CNN) -- 築100年の工場内で、男が沸騰した石鹸の入った巨大な容器にもたれかかる。蒸気が垂木まで漂い、そこには数十年にわたる石鹸作りのワックス状の残留物が残っています。こちらは現役のソープマスターです。

「数年前、石鹸職人が石鹸の試食をしていたんです」と南フランス、マルセイユの三代目石鹸メーカーは説明する。 「味見して、彼は塩が多すぎるか、塩が足りないのではないかと思います。調理されていますか、それとも調理されていませんか?」

1,000 年以上にわたり、フランスの都市マルセイユでは、オリーブ油と植物油の石鹸が生産されてきました。誰もが欲しがるグリーンとクリームの石鹸はフランスの法律で保護されています。マルセイユ市内で伝統的な方法を使用する石鹸生産者のみが、サボン ド マルセイユの名前を使用できます。

ソープマスターは、泡立つ石鹸をかき混ぜるために、湯気が立つ大釜の上に不安定な姿勢で止まっていました。その後、熱湯を工場の床に注ぎ、ブロックに切断する前にさらに数日間放置しました。これは非常に危険な作業であるため、工場敷地内には労働者を見守るための特別な神社が建てられました。

サボン ドゥ マルセイユの純粋な植物油石鹸は、自然に低アレルギー性、香料、添加物を含まず、ご自身だけでなくご家族にとっても最適です。

マルセイユソープフレンチ


コメントを残す

コメントは公開される前に承認される必要があることに注意してください